リリカ服用体験談

リリカの服用方法とは?どのような副作用があるのか?体験談で学びましょう。 - 神経性疼痛が現れた時には我慢せずに適切な治療を受けよう

神経性疼痛が現れた時には我慢せずに適切な治療を受けよう

若いころには病気をしないと何らかの痛みが生じることはないために、痛みを感じる時には何らかの異常があるということが分かります。年を重ねていくと慢性的な痛みと言うのが出てきます。その中でも重度の慢性病と言われているのが神経性疼痛です。神経性疼痛を患う時には長くかかりますので、我慢しなければいけないという風に思うものではないでしょうか。

精神的なストレスがかえって治りを遅くする

神経性疼痛は通常とは痛みの種類が違いますので、普通の人にはわからなくとも医師にとってはわかるものです。痛みが起きると人間の脳には痛みを抑える機能を元来備わっているわけですが、そこで非常に強いストレスを受けてしまうと痛みを抑える脳の機能が低下してしまい、余計に痛みを感じやすくなります。痛みが嫌だと思うと余計に痛みに対して弱くなるということもあり得ます。

薬だけに頼らないという考え方も必要になる

神経性疼痛にはリリカと言う薬が広く使われています。確かに神経性疼痛には効き目がある薬ではありますが、ふらつきや眠気といった副作用がありますので、薬の効果を取るか副作用を和らげることを取るかの2択を迫られることもあり得ます。痛いのであれば薬の量が増えてしまい、副作用の可能性が高まってきます。副作用が怖いならば、薬に頼らないという考え方が重要になります。
痛みと言うのは体のSOSサインの一種でもありますので、そういうものが出てきたら我慢をするよりは病院にかかったほうがいいでしょう。痛みに関しては何らかの手段でコントロールをすることも可能になります。

神経性疼痛が出たら病院にかかるのがいい

神経性疼痛は我慢をしてしまうとずっと慢性化しやすくなりますので、病院にかかってリリカなどを服薬したほうがいいです。

関連する記事