リリカ服用体験談

リリカの服用方法とは?どのような副作用があるのか?体験談で学びましょう。 - 帯状疱疹後神経痛の内服薬としてもリリカは使用される

帯状疱疹後神経痛の内服薬としてもリリカは使用される

帯状疱疹と言うのは帯状疱疹ウイルスによって起こる皮膚病です。皮膚に何かできますので患部を外服薬で塗れば治ることが多いですが、治ったとしても神経に後遺症が残ることがあります。神経に後遺症が残る場合と言うのは帯状疱疹後神経痛と呼ばれる病気に当たりますので、神経の痛みを鎮める必要が出てきます。

帯状疱疹後神経痛になりやすい人は

帯状疱疹がせっかく治ったとしてもその後神経に痛みが生じるというのはとてもつらいことです。誰しもが神経に痛みが生じるわけではありません。帯状疱疹後神経痛が生じやすい人と言うのは、治療が遅れた時やとても重症だった時、そもそも神経に関わる病気を患っている時、50歳以上の高齢者の時に当てはまる人です。

帯状疱疹後神経痛は万人向けの治療法が確立されていない

帯状疱疹後神経痛と言うのは万人向けの治療法が完全に確立されているわけではないですので、一人一人オーダーメイドに近い状態で治療方針を立てていきます。それでも一番最初に試みることは薬物治療です。内服薬によって痛みのコントロールができればそこで終了します。それでも痛みが解消されないならば、神経ブロック注射や理学療法などと併用することになりそうです。
薬物治療で使われる薬と言うのは神経の痛みを鎮めてくれるリリカと言う薬になります。その他にはトラムセットやトリプタノールなどとの併用が行われることがあります。副作用や効き目を考慮に入れながらどういう薬を使うのかを決めていきます。

帯状疱疹後神経痛にもリリカは効果がある

帯状疱疹後神経痛は帯状疱疹がせっかく治ったとしても、神経に損傷ができることによって後遺症として痛みが残るわけです。神経の痛みは時間がかかりますので、痛みを解消するためにリリカを使うというのは効果的です。

関連する記事