リリカ服用体験談

リリカの服用方法とは?どのような副作用があるのか?体験談で学びましょう。 - リリカの副作用でふらつきが出る場合はどんな感じなのか?

リリカの副作用でふらつきが出る場合はどんな感じなのか?

神経痛でリリカを服用するわけですが、副作用が出てくることが言われており、それは日常生活に影響が出てくるものです。特にふらつきやめまいについては日常生活にも影響が出てくるもので、車の運転ができなくなるほどです。今回はリリカの副作用として出てくるめまいやふらつきについて紹介していきます。

ふらつき型のめまいが生じるケースが多い

めまいと言えば天井がぐるぐると回るような回転性のめまいと、まっすぐ歩くことができないようなふらつき型のめまいの2種類があります。前者の場合は耳の奥の三半規管に原因があるケースが多く、後者の場合は脳の平衡感覚に原因があるケースが多いです。リリカの副作用に関して言えば脳に直接働きかけるために、ふらつき型のめまいが生じるケースが多いです。
なぜそういうふらつき型のめまいが出てくるのかは完全に分かっているわけではありませんが、脳神経の働きを抑えてくれるためにめまいが起こるのではないかと言うことが言われています。

日常生活に影響が出るなら相談した方がいい

ふらつき型のめまいは服用を続けていると薬に慣れてきて段々症状が治まってくる人もいます。薬を飲んでも治まってこなくて日常生活に多大な影響が出るのであれば、やはり一旦医師などに相談をしたほうがいいのではないでしょうか。神経性の痛みを解消することに注力するのか、副作用を抑えることに注力するのかは人それぞれになりますので、そういうことを専門家に相談した方がいいです。

リリカを服用するとふらつき型のめまいが生じてくる

リリカと言うのは神経痛を鎮めるために効果があるわけですが、ふらつき型のめまいを生じるケースも見られます。薬に慣れてくれば症状が治まるケースもありますが、治まることがないなら一度相談した方がいいでしょう。

関連する記事